アダルト雑誌やヌード雑誌の制作は、決してラクではない。

アリス出版という有名エロ雑誌の出版社元社員が明かす業界裏話

ただし、アリス出版、エルシー企画、グリーン企画など、自社で売っているグループの出版社はルーズなので、特によく忘れます。でも「成人雑誌」という一文が入っていたら、ほぼ間違いなく自販機本です。ところで、雑誌を扱うのが東販・日販・大阪屋などの大手取次だけじゃない、スタンド業者というのが存在したというのは書いたんだが、他にもいます。「調達屋」という商売がある。話は再び港町に戻ります。遠洋漁業の基地となっている港町には「調達屋」という人たちがいて、日用雑貨などを船員たちに供給していた。もちろんエロ本も、です。

船員というのは血気盛んな若い男ばかりで、しかもひと航海が1年間くらい。やたら長いので、豚肉などは100キロ単位で仕入れていたというんだが、なので、エロ本も大量に扱っていた。「束にして売っていた」という証言もある。もちろん束にして売るくらいだから、定価で仕入れるわけじゃないだろう。で、「束にしてエロ本売っていた」調達屋と、1972年にブレイクした珍味ツナピコとが、港町で出会う。案外ここらへんに自販機本のルーツがあるんじゃないかという気がするんだが、正直、よく判らない。

清水市の海産物倉庫街にあった南風プロモーションの痕跡も、千日堂の痕跡も、初期自販機本の歴史についてはまったく判らない事ばかりで、この2社のグラフ誌もずいぶん集めたんだが、壁にカレンダーが写っているとか、知っているモデルが登場するとか、そういう「証拠」が皆無で、いまだ大雑把な年代すら特定できない。ただし、この2社はカラーが少なくモノクロが多いとか、男役のファッションが「アフロヘアー」「ベルボトム」、女のファッションが「ミニスカートに白いハイソックス」「膝までのブーツ」みたいに異常に古いので、少なくとも1970年代前半まで遡る物もあるのではないか?という気がする。
かなりリーズナブルです。女の子は、奥様系が多いかな。でも、しっかり美人さんばっかりだから安心ですよ。堺 デリヘルなら懐を気にせずに遊べていいですよね。
女の子の質はやはりお店によって違います。しかしながら、愛嬌がある女の子だったり、プレイ技術がすごいという女の子だったり個性を持っている風俗 五反田嬢もいるのであなどれません。


最新情報
2015/11/26 オススメ記事を更新しました。
2015/11/22 新着記事を更新しました。
2015/11/21 「劇画アリス」を更新しました。
2015/11/18 楽な商売ではないを更新しました。
2015/11/16 スチール写真を更新しました。
2015/11/14 初期のアリス出版を更新しました。
2015/11/13 アリス出版という有名エロ雑誌の出版社元社員が明かす業界裏話を更新しました。
2015/11/10 ホームページをリニューアルしました。

今得サイト
風俗情報.com京都風俗情報まいど風俗ネット
風俗嬢・風俗ギャル情報や高収入風俗求人情報までを網羅KFJは京都の風俗情報を掲載。すっげ~いい女がいっぱい。大阪を中心とした関西での風俗店情報を配信すると共にみんなで風俗を楽しもうぜ!